ナイスガイズ!

『ナイスガイズ!』
探偵と解決屋って言うの?殴って無理矢理解決する商売の男が手を組んで社会的巨悪に立ち向かう感じのおはなし。
俺たちのラッセル・クロウが帰ってきたぜ!って言うくらい、ひたすら暴力で物事を解決してくれるので、安心して見られます
暴力ラッセルとヘタレ探偵とその娘って言うでこぼこトリオの活躍が素晴らしいです。
でもって思った以上に敵が強大なのも驚き。
車業界から司法省のトップまで揃ってる。勝てない。
でも溜飲は下がりました。

何が素晴らしいって、この映画、美人がそろいに揃ってるんですね。
特に娘役のアンガーリー・ライスさん。凄い名前だな。
リアル女子高生!
この子が可愛すぎてそれだけで100点満点。
ポルノ王の屋敷に入り込んだ彼女が、ポルノ女優と一緒にその人が主演してるポルノビデオを見るシーンは最高です。

これは続編は作られるんでしょうかね。
是非作って欲しい感じですね。
長く続けられそうな作品でした。
不穏当ではありますが、アンガーリーちゃん目当てで見ても満足ですよ…。
 

[PR]
# by zanzoku1200s | 2017-08-17 08:54 | ナ行 | Trackback | Comments(0)

スパイダーマン:ホームカミング

『スパイダーマン:ホームカミング』
時系列的にも物語の展開的にも『シビル・ウォー』の完全なる続編なんで、そこを見てない人には細かい部分の情報は伝わらないんじゃないか…とは思うものの、新生スパイダーマンとしてはほとんど完璧な素晴らしい作品。
「蜘蛛にかまれて変化した」「ベンおじさんが亡くなったことで町の平和を守ることにした」って言う重要な部分をさらっと流しながらもきっちり伝えられる演出は見事としか言いようがない(ベンおじさんのくだりは知らない人にはピンと来ないだろうけど)。
15歳という若さゆえの、「認められたい」という気持ちと、そこからの成長の物語は本当に感動しました。
正直言うともはやアクションシーンに目新しさはないと思います。
スターク社製のスパイダースーツのギミックはかなり目新しいですけど(カレンの声がジャービスの声の奥さんだってのが凄く笑っちゃいました)。
目新しさがないゆえの、フェリーのシーン(中盤)辺りで若干たるい感じがしてしまうんですが、その後ヴィランの正体が分かってからの展開はドキドキが止まらない!
思った以上にスパイディとヴァルチャーの心理合戦だったのが驚きました。
スパイダーマンがヴァルチャーを殺さず、むしろ助けたことにまさにこの映画が『スパイダーマン』だと言うことが明確になったシーンではないでしょうか。
その前の、自力で脱出するところはこの映画最大の感動ポイントでした。
ピーターが成長した!って言う。
そこで最後の最後でトニーが彼をミスター付けて呼ぶのが最高でしたね。
本当に、「何度も再生させるなよ…」的な揶揄もしましたよ、こちらも。
そこをちゃんと意味のあるところにしてきたのは向こうの凄さじゃないでしょうか。

ところで驚きの連続だった後半で一番驚いたのはペッパー。
あそこまで情報隠されてたことに驚いたどころではなかったです。
いきなり登場したときには普通に劇場で「え!?」って言ってしまいました(笑)。
それにしても素敵な女性が揃いまくってるこの映画、ヒロインの位置が完全にマリサ・トメイ(メイおばさん)(笑)。
店員にナンパされたり、完全に性的な格好したりとやりたい放題。

最後に、この映画の本当の本当に凄いところは最後のシーン(エンドロールの前ね)。
あれ反則だろ!どんな終わり方だよ!って盛大に突っ込みたかったです。
凄まじいオチですよ、あれ。
予告でメイおばさんCGで消されてるんだもん。
「What a FU…」
で終わるってスゲエよ。
全年齢向けだぞ(笑)。
 

[PR]
# by zanzoku1200s | 2017-08-17 08:44 | サ行 | Trackback | Comments(0)

アシュラ

『アシュラ』
韓国ダークサイドもの。
出演、主人公田中健、極悪市長松重豊、検事ダチョウ上島、検事部下ピエール瀧…と言う、定番の面白い韓国映画には欠かせない(どこか似てる…)役者の面々。
極悪市長が悪の限りを尽くすために雇った刑事が主人公。
その主人公を二重スパイにしようとしてるのが検察。
そんな感じ。
市長の下で小金を稼いでいた主人公が、いよいよ本格的に市長の下で働こうとする直前に、仲間の刑事が主人公の情報提供者を脅して自分も小金を稼ごうとするというちょっとした歯車の狂いから全てがおかしくなっていく感じ。
それはもう、悪事を隠そうとするたびに事態が悪化していくのはお約束。
最終的に主人公以外全員が銃撃と剣劇戦によって死亡という凄まじいオチ。
しかしこれこそが韓国ダークサイドムービー!
近頃どんどん長くなる傾向の韓国映画ですが、全くダレないので(気が付かない)終わるとめちゃめちゃ疲弊しますね。

惜しむらくはこの映画、主人公が悪徳警官だからこそこの流れなんだけれども、当然ながら主人公に「仕方がないよね…」って思わせる感情移入させる方向の演出をしてる。
仕方ないんだけど、もうちょっと出だしの辺で主人公の悪徳振りを見せて欲しかったかな(あれじゃ物足りない、と)。
主人公の悪さを見せることでもっと感情移入できたかなーって言う。

それにしても今回驚いたのは検事のダチョウ上島。
…って言うか『哭声/コクソン』の警官役のクァク・ドウォンさん。
常に敬語で穏やかに喋ってるけど、最終的に盛大にキレる。
このキレ方が本当に良い。
彼のキレっぷりだけでも相当楽しめる映画です。

2時間を超える濃密な韓国ダークサイドを楽しんで欲しい、オススメ映画です。
 

[PR]
# by zanzoku1200s | 2017-08-13 09:07 | ア行 | Trackback | Comments(0)

ローンウルフ 真夜中の死闘

『ローンウルフ 真夜中の死闘』
盲目の老人(元軍人)vs狼男!
しかしいっこ当たったせいか分からんけど盲目の老人シリーズ多いな、最近(笑)。
こちらは狼の変身も変身後もCGではなくアナログチックではありますが、演出自体がそんな感じなので気にならず。
隠居後の老人たちが住むための、専用の地域に集まった場所の老人しか狙わないので「血が足りないんだよ!」と叫んで人を襲う狼男ですがあっという間に足りなくなって外に行っちゃうんじゃないか心配です。
狭い地域でお年寄りを襲うだけなので凄くこぢんまりとした印象を受ける一本ですが、なんだかんだで主人公の人が元軍人って言う設定が効いてるのか普通の人ですら善戦できるか分からない狼男相手に勝てる凄さを見られます。
咬まれた人間は更に狼男になるので、前述の通りただでさえ獲物少ないのに良いのかよ…と思ってこれもまた心配ですね。
でまぁこの主人公3匹(人)にも4匹にも増えた狼男相手に結局勝つんだから戦闘力53万はありそう…。

余韻を残さず終わった感じですけど、主人公も咬まれてしまったのでもしかしたら変身しちゃうのかな…。
あとすぐ退場しちゃったけどなかなか良い活躍してくれた盲導犬のシャドウがとても印象的でした。合掌…。
 

[PR]
# by zanzoku1200s | 2017-08-09 16:26 | ラ行 | Trackback | Comments(0)

哭声/コクソン

『哭声/コクソン』
『チェイサー』の監督の最新作。
とりあえず総合的な感想を言えば、素晴らしい、のひとこと。
156分というとんでもない長さを感じさせない、出だしから最後まで緊張感が持続する恐ろしい作品でした。
みんなが言ってるように國村隼さん、本当に怖いですわ。
統合幕僚長どうしたんですか…と言いたくなる(笑)。
彼が出てる所為か分かりませんが、他のキャストがみんな日本でどこか見たような人に見えちゃうんですよね…。
主役であるジョングの人なんかどう見てもダチョウ倶楽部上島です。
祈祷師も名前忘れちゃったけど日本の役者にそっくりな人いるし、そこも面白くなっちゃいました。

でまぁ、みんな同じ事書いてるんですけど、結局これどうなのよ?ってところですよね。
あいつらは本当に神と悪魔だったのか?
それとも本当にキノコの毒による幻覚だったのか?
それすらも違う、先入観による大いなる勘違いによるものか?って言う。

私は國村隼さんはサタン、祈祷師はその手先。悪魔だと思わされてた女性こそ神、もしくは神の使いという説で行きます。
なんでかというと、他の部分だけを見るとキノコによる幻覚説でひと通り納得できるんですよ。
でも國村隼さんを狩りに村人と向かったときに現れたゾンビ?みたいな存在。
あれだけはキノコによる幻覚と言った説明にどうしたって合わないんですよね。
完全にゾンビでしたから。
だから、私は表面的だろうと見たままの「國村隼さんvs祈祷師」だと思っていた戦いが実は「國村隼さん&祈祷師vs神様」だったというオチを推します。
って言うかその方が面白いし。
韓国キリスト教国家だしね。

しかしまぁ、よくあそこまで日本語のみで通して話が成立するなぁ…と言う。
あの通訳をやった青年の役の人もかなり良かったですよね。
その場で棒読みしてる日本語って感じじゃないところがなかなか。

あ、もちろんこの映画の最優秀演技賞は娘さんでしょう!
『エクソシスト』リーガンどころじゃねえよ…。
よくあれ演技指導できたなって言う狂気レベル。
将来が楽しみです。
『アジョシ』の子と違って不細工なところもアピールポイントじゃないかなぁ…(笑)。
 

[PR]
# by zanzoku1200s | 2017-08-05 23:39 | カ行 | Trackback | Comments(0)


見た映画メモ用。忘れっぽいので。感想はテケトー。基本ネタバレ。


by zanzoku1200s

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
復習編
2010年ベスト
2011年ベスト
2012年ベスト
2013年ベスト
2014年ベスト
2015年ベスト
2016年ベスト
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

リンク

最新のトラックバック

「スーサイド・スクワッド」
from ここなつ映画レビュー
「X-MEN アポカリプス」
from ここなつ映画レビュー
「バットマンvsスーパー..
from ここなつ映画レビュー
映画『オデッセイ』 TH..
from グドすぴBlog
「ジョン・ウィック」
from ここなつ映画レビュー
「イコライザー」
from ここなつ映画レビュー
「オール・ユー・ニード・..
from ここなつ映画レビュー
X-MEN:フューチャー..
from gala
「XーMEN フューチャ..
from ここなつ映画レビュー
マイティ・ソー
from piece of life ..

検索

タグ

最新の記事

ナイスガイズ!
at 2017-08-17 08:54
スパイダーマン:ホームカミング
at 2017-08-17 08:44
アシュラ
at 2017-08-13 09:07
ローンウルフ 真夜中の死闘
at 2017-08-09 16:26
哭声/コクソン
at 2017-08-05 23:39

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画

画像一覧